恵春堂の願い恵春堂の軌跡 ~大地の力に夢を託して~

恵春堂の軌跡 ~大地の力に夢を託して~


貴重な海外への輸出品であった高麗人蔘を


由志園の初代園主・門脇栄(後列左から2人目)。野菜や花の行商をしていた頃。(撮影/渡部英)
由志園の初代園主・門脇栄(後列左から2人目)。野菜や花の行商をしていた頃。(撮影/渡部英)

江戸時代から奨励品の“おたね人蔘”を栽培

 当地の人蔘は18世紀初め、松江藩松平家の六代藩主・宗衍公が赤字財政を立て直すために、幕府から拝領した種で栽培したことに始まります。人蔘は金より価値があるとまでされ、「おたね人蔘」と呼ばれました。
 大根島では19世紀半ばから栽培が始められ、火山島で黒ぼく土壌であったため、ことのほか、良質の人蔘が育ちました。
 明治時代には、庶民が人蔘を栽培できるようになり、昭和30年代頃からは盛んに栽培されるようになりました。門外不出であった松江藩の栽培方法を忠実に守り、島民気質も相まって丁寧に育てられた人蔘は、本場、台湾や香港に輸出され、高い評価を得ていました。けれど貴重な輸出品ゆえ、島の人が摂ることはありませんでした。

健康を切に願って島で高麗人蔘を販売

伯耆富士と呼称される大山を背景に中海に浮ぶ大根島。
伯耆富士と呼称される大山を背景に中海に浮ぶ大根島。

 昭和40年代の初め、由志園の初代園主となる門脇栄は、大きな夢を抱いて奔走していました。
 広大な農地が要る高麗人蔘を栽培できる農家は限られ、島には企業などないため、女たちは花の行商に、男たちは出稼ぎに行かなければなりませんでした。門脇家も例外ではありません。そこで栄は、島の人々が家族一緒に暮らせるようにと、観光施設を造ろうとしていたのです。それまでいろいろな事業を行ってきた栄の、それは最後の、そして最大の夢でもありました。
 しかし、栄は子どもの頃から病弱で、長じても病気に悩まされ続け、当時は大きな病気も抱えていました。そんなある日、所用で島を訪れた人に、「ここでは高麗人蔘を作っているだろう。体にいいものだから、島の人もどんどん摂りなさい」といわれ、人蔘液を作っていた農家にわけてもらい、飲み始めました。すでに還暦の頃でしたが、体調が良くなり、おかげで誰もが不可能だと思っていた日本庭園・由志園を完成させることができたのです。 そして、2代目園主となった門脇恵美子は、健康を誰より、何より願った父の志を受け継ぎ、昭和54年に、高麗人蔘の販売を手掛ける「恵春堂」を由志園にオープンさせました。

高麗人蔘の主要な成分を抽出し、丹念に凝縮した人蔘液。
高麗人蔘の主要な成分を抽出し、丹念に凝縮した人蔘液。

 最初は、有効成分の含有量が最も多くなる6年根をエキス状にした「高麗人蔘液」のみでしたが、手軽に摂れるようにと顆粒タイプやドリンクを作り、せっけんや基礎化粧品など、高麗人蔘を使った数々の商品も生まれました。
 これらの商品には、「一人でも多くの皆様に人蔘の良さを知っていただき、健やかな生活を送っていただきたい」という門脇社長の願いが込められています。
 「島で栽培していながら、島の人はそのおかげに預かることがなかった人蔘。父が飲み、自分でも飲み、全国のお客様からも嬉しいお声をたくさんいただき、本当にすごいものだと実感しています」と、門脇社長。使われる方の気持ちになって、とことん商品の質にこだわるというのも、昔も今も変わらない方針です。

 「こんな素晴らしいものをご先祖様が残してくださって、本当にありがたいです」と、門脇社長は今日も自ら売店に立ち、皆様の健康を願って、人蔘への思いをお伝えしています。





門脇恵美子社長
「元気なのは人蔘のおかげ」と語る門脇恵美子社長。毎日売り場に立ち、若いスタッフと一緒にお客様に高麗人蔘液やせっけんの説明をする。

健康づくりのお手伝い 恵春堂です。

「一人でも多くの方に健康であって欲しい」との願いを込め、高麗人蔘の製造販売を続けています。

会員登録をする

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

お電話でのお問合せ フリーダイヤル:0120-0852-76

shopカレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

は休業日です